障害者夫婦の日常とイクメンブログ

網膜色素変性症の夫と発達障害の妻の日常や、夫が子育てをしている様子などを公開しています。

赤ちゃんの肩が外れた!?

 

先日(・ω・)

なにげなく赤ちゃんを布団から抱っこしようとすると・・・

 

『ぽきっ』

 

ぽき??(・ω・)

 

赤ちゃんの左側から聞こえた。

たぶん左腕。

左腕ぶらーんしてる。

すると赤ちゃんギャン泣き。

 

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

あわてふためく私。

とにかく近くの病院や119にTELしまくり、『赤ちゃんの肩が外れたかも知れん!!』と伝える。

 

すると案の定たらい回し・・・。

 

近くに総合病院があるのでダメ元で連絡すると、緊急で受診してくれるとのこと。

 

行ってみると、わりかし早く呼ばれる。

赤ちゃんは何故かすやすや寝ている・・・。

すかさず先生か左腕をチェック。

 

『かこんっ』

 

かこん??(・ω・)

 

少しさわっていただけだと思ったが、もうはまったようだ。

しかも、肩ではなく肘だったらしい。

赤ちゃんの肘は、大人とは根本的に構造が違っていて外れやすいとか。

5歳までは外れやすいので注意とのこと。

肩は逆にあまり外れにくく、腕を引っ張ったりしない限り外れないとのこと。

赤ちゃんも少しずつ左腕が動き始め、痛がりもしなくなってきた。

やっと一安心(・ω・)

 

原因として、抱き上げる際にお布団かなにか引っ掛かっていたのだろう、ということに。

 

もうあんな思いはこりごりです(´;ω;`)

ごめんね、赤ちゃん。