障害者夫婦の日常的ブログ

網膜色素変性症と発達障害の夫婦のブログ

8月9日 (出産)産婦人科 多摩総合医療センター

 

朝、いつも通りに起床。

妻は相変わらず不定期な生活をしている。

妊婦だからなのか、そういう性格だからなのか、それはわからない。

 

昼、いつも通りにご飯を買ってくるが食べない。

妊婦だからなのか、そういう性格だからなのか、いまだにわからない。

 

夜、いつも通りに・・・ん?

陣痛のような波が来ているようだ。

話しによると、朝方より陣痛が始まっていたらしい。

だが、このくらいだと病院に行っても産まれないので追い返されるという懸念があって黙っていたらしい。

 

とりあえず、陣痛がきたなら多摩総合医療センターの分娩室に連絡することになっているので、連絡する(連絡は本人がする)ように言うと、

「シャワー浴びてから」

らしい。

その間も陣痛に顔を歪める妻。

あわてふためく私。

そわそわする祖母と私の弟。

のんきに化粧台の前に立つ妻。

本人が一番おちついている。

なんかムカつく。

 

やっと電話すると、やはり来てくれとのこと。

弟が車を出してくれるとのことなので、ここから病院まで30分の距離だが大丈夫だろうか・・・。

心配をよそに、家を出たのがそれから50分後であった。

眉毛が気にくわなかったらしい。

あまりに遅いので病院から催促の電話もきた。

ようやく病院に着いたのが日付も変わった、

8月9日の0時10分。

 

即効で陣痛室に入れられた。

陣痛室には夫しか入れないので、弟を見送りに行って、再び陣痛室にいくと、看護婦が

「6cmほど開いてるから、産んじゃいましょうか」

とあっさり言う。

そしてあっさり分娩室へ。

 

午前4時。

陣痛を計っていると、10分→5分に移行。

そろそろか?とそわそわしてると看護婦登場。

なにやらせわしなく動いている。

いよいよなのか。

 

そして(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

『おぎゃー』

 
f:id:tupitan:20170812213505j:image

 

 

 

 

うまれたよー(*´ー`*)

元気な女の子です!

うちでは初めての女の子です!

タオルにくるまれてママの元へ。

 

赤い赤ちゃんが、小さく力強い赤ちゃんが、ここにいるよと必死に叫んでる赤ちゃんが、そこにいました。

 

すぐに別の部屋に連れていかれましたが、心配など微塵も感じさせない存在感でした。

 

 

その後処置をし(数針縫ってた)、部屋が空いていないので陣痛室で夕方まで過ごすことに。

数度寝ては起きてを繰り返し、お昼過ぎに私の両親が到着。

拾ってもらい私は帰宅。

お兄ちゃん(長男)はまだ自覚がないようで、ほわほわしてた。

若干既に赤ちゃん戻りもあり、私にくっつぎくり。

 

とりあえず、出産初日はそんな感じで終わった。

妻はその後部屋移動など忙しかったらしいが、私はそれを知らない。

 

ママ、お疲れ様。

赤ちゃん、はじめまして。

 

 

でわ!