読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者夫婦の日常的ブログ

網膜色素変性症と発達障害の夫婦のブログ

4月16日 大丹波川国際虹ます釣り場

ほい(・ω・)

 

今日は朝5時30分出発で弟と管理釣り場に行ってきます。

え?視野障害なのに釣りができるかって?

 

ぶっちゃけ、全然見えません(爆)

 

まだ見えてた頃の趣味で、ある程度感覚でやってます。

釣り針は無くす、テグスは見えない、ウキだって見失う・・・

 

でも好きなんです(・ω・)

 

 

まぁ、今回は

丹波川国際虹ます釣り場のお話。

いつもは、秋川国際ます釣り場に行くのだけど、大丹波の方は釣り放題と記載されていたのでそちらへ。

秋川の方は3300円で10匹。(駐車代別)

丹波は3300円で無制限。

だったら大丹波行くべ。と。

 

結果(・ω・)

 

 

弟と二人で11匹・・・。

 

 

全然釣れません!

なんだここ!!

 

 

まず、ルアーを使ってやるつもりだったので受付で聞くと、ルアー区域は上流の方だと。

そして「上流は魚いないよ」と爆弾発言!

ルアー可でしたよね?魚いないっておかしくない?

 

仕方なく餌釣り区域へ。

でも全然釣れない。

ってか管理釣り場なのに魚いない。

ベテラン釣り師もたくさんいたけど、さほど釣れてない模様。

9時と13時に放流があるのだが、それ以外はほとんど釣れない。

放流した魚のみ釣る感じ。

しかもニジマスならまだしも、数少ない放流の中にはヤマメやイワナなど、ベテランでも釣るのは難しい魚が混ざっている。

一般人には優しくない釣り場である。

 

秋川の方はある程度、食い渋っている時間帯も釣れる。

川にはそこそこ魚がいて、群れている。

秋川で釣り放題のイベント時は二人で40数匹釣った記録もある。

丹波川には二度と行くまい。

腕に自信がある方は是非大丹波川の方へ。

 

ちなみに(・ω・)

丹波川に行った時、痛車が数台いた。

白猫プロジェクトだ。

 

そーゆーのも好きな釣り師も、大丹波川へ行って見るのもいいかも知れない。

 

 

でわ(・ω・)ノ