読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者夫婦の日常的ブログ

網膜色素変性症と発達障害の夫婦のブログ

3月26日 ipadを買う

やふーい(・ω・)ノ

やっと最近このブログをアクセスしてくれる人がいたのでやる気出てきました!(`・ω・´)

今日は義理の弟の学校で使う『ipad』を買うまでの工程をお話します!


まず、auショップでのお話。
電話で来店予約をした際からすでに問題発生。
Ipad自体在庫が無いと言われた。
4月前後にappleが新型ipadを発表するとかで在庫をどこの店舗も持ってない、とのこと。
それでも探してみてくれると言ってくれたので連絡待ち。
ちなみに、キャリアで買うと自分のスマホとシェアで月々3千円以上。(3年で9万以上)
Ipad本体で契約すると月々5千円以上。

しばらくして在庫が確保できたとのことで連絡きたので、義弟と相談。
色はローズゴールド(ピンク)だった。
まぁ仕方ないと、予約を入れるために電話をする。


私「もしもし、来店予約したいのですが」

店「それではご用件を」

私「以前ipadを予約しまして、入荷の連絡が来たのですが」

店「在庫確認してきます」

私「はぁ?(ーдー)」


私は在庫があったから、と連絡を受けている。
あなたが在庫を確認することではない。
私は予約がしたいだけなのだ。


私「在庫が入ってきたと連絡きたんですが」

店「担当者に確認します、お待ち下さい」



~5分は待たされる~


店「あーもしもし?前回の担当者から折り返しさせますのでーお電話番号をー」

私「・・・あ?(`Δ´)」


これだけ待たされて「お待たせしました」もなく予約すら取れないのかこの店員は。

私「お待たせしました、ぐらい言うもんじゃないんすか?」

店「・・・・・」


しばらく間があり。


店「・・・・・・お待たせしました!」


すごいふてぶてしく言われた。
申し訳ありません、ぐらい言えや。
そう言おうとすると。

店「あーもしもし??」


・・・私、結構温厚な性格ですが、キレました。

電話を切り、auお客さまセンターへ苦情をぶちまけた。
元キャリア店員なので、店舗に苦情を言うよりは記録に残るとわかりきっていた。
その際対応して下さった男性は、素晴らしい対応だった!
最後に
「寒い日が続きますのでお体をご自愛くださいませ」
とか言われた。
なんか、自分がいかにちっぽけな存在なのかを目の当たりにした・・・。



おっと脱線(・ω・)

結局、ipadは近所のコジマでipad pro 32G 9,7インチ
一括64,000円で購入。
Wi-Fiモデルなので外では使えないが、デザリングすれば問題ない。
キャリアで買うのと倍くらい違う。
ちなみに、ipad AIR シリーズは新品ではもう入手困難らしいです。

んー(・ω・`)

そんなとこですかね。

なんかわからないとこがあったらコメントくださいませー(`・ω・´)